点数とレベルを知ろう

男女

TOEICの数値でコミュニケーション能力の高さが違う?

TOEICでは正解した問題数に応じてスコアが貰えます。このスコアの高さによって評価が設定されているのを知っていますか?レベル段階をAからEまでに分けスコア数に応じて割り振ります。レベルEで0点から220点までのスコアの場合はゆっくり英語を話しても言葉の内容を断片的にしか理解する事ができません。また、ネイティブな相手と意思疎通をする事が難しいという判定になります。次にレベルDと判定される220点から470点の場合は、通常の会話に限り最低限の意思疎通ができると判断されます。ゆっくりな言葉で繰り返し言葉を話してもらえれば簡単な会話を行う事が可能です。ネイティブな人がこちらに対して配慮した話し方をする場合意思疎通をする事ができます。次にランクCで470点から730点の場合は、通常会話の場合、話の要点が分かり相手に返す事が可能です。複雑な環境下だと相手に意志を伝える為に少し難が出る事があります。文法や構文を組み立てる力はついていますが、ボキャブラリーに乏しい為表現力が足りない部分もあります。ですが、自分の意志を相手にしっかりと伝える能力はしっかりと持っていると判断されます。次に730点から860点までの点数であるランクBの評価についてです。ランクBまでの点数を取れる人は、日常会話は理解が十分できており言葉の返しも早いです。特定分野の話題に移っても会話についていけます。英語が求められる業務でも問題なくこなす事ができます。流暢に行えるかは個人の能力に差がありますが、意思疎通の妨げにはなりません。860点以上を獲得するとTOEICレベルAとなります。外国人までとはいきませんが、英語能力に関してはかなり高いです。語彙力や文法も問題無く自然な英語の文章を作成する事ができると判断されます。点数によって評価が異なるので自分がどのレベルまでを到達したいのか目標点数を決めてからTOEIC対策を決めましょう。

Copyright© 2019 TOEICのスコアと上げたい【TOEIC対策なら英会話教室へ】 All Rights Reserved.